メールのお問い合わせはこちら >>

楽天 APIの更新

 店舗管理 

EC店長 > 申込管理 > 店舗管理

店舗を選択

編集

 

 ライセンスキー変更 

※下記エラーが表示された場合は、、

メール AUTH IDにライセンスキー頭の数字6桁をご入力ください。

API接続失敗 : ライセンスキーの先頭の店舗IDが不正です。
この店舗のアカウントで、RMSに再ログインした後、ライセンスキーを再確認してください。

 

楽天から変更をクリックし、ライセンスキー発行  ※別画面が開きます(要RMSログイン)

 ↓

 ↓

EC店長内のライセンスキーを同じものに書き換えます。

有効期間を延長します。

 ※この期限を過ぎると、EC店長のトップページに警告が表示されます。

  実際の日付と異なっていても接続に影響はありませんので、2~3日前倒しの日付を入れておくことも可能です。

実行

 

 接続チェック 

EC店長 > 申込管理 > 店舗管理

「チェック」をクリックすると、接続が正常にできているか確認ができます。失敗になる場合は再度取得しなおし、間違いないようご入力ください。

接続チェック後、ステータスが変化します。