機能

楽天API商品取込

商品管理 > 商品管理 > 楽天 楽天API商品取込 楽天商品APIを用いて、EC店長の商品リストに楽天の商品情報を取り込む機能です。 ①楽天API商品取込ボタンをクリック。 ②楽天API商品取込画面 範囲指定 入力内容のみ:商品管理番号欄に入力した商品管理番号の商品が対象となります。 選択内容のみ:☑を入れた商品のみ対象となります。 現在ページのみ:現在表示されている商品が対象となります。 店舗 任意 カテゴリー情報取得 新規登録・カテゴリー変更時のみ選択(※メガショップのカテゴリーセットは対象外です) 商品管理番号 商品管理番号の区切りは改行(Enterキー)で追加(設定上限は100商品) を入力し、実行します。 ③EC店長に存在しない商品は新規登録され、EC店長に存在する商品は商品情報が更新されます。 ※楽天の仕様上、商品APIは、楽天CSV一括商品登録が必要です。

モール転送

モール転送とは EC店長で編集した内容をモールへ反映させるための転送ボタンです。 楽天市場 APIもしくはFTPから商品情報を送る方法を選択します。 APIで更新(標準)上限200商品 更新フラグの項目選択肢別在庫(iタイプ)の更新と項目選択選択肢(S/Cタイプ)の更新は、 EC店長の情報で上書き更新されます。 ※楽天の仕様上、APIで更新(標準)は、楽天CSV一括商品登録が必要です。 ※カテゴリを送信時、RMSで作られていない表示先カテゴリを登録できません。 カテゴリをRMSへ登録後、楽天API商品取込でカテゴリ情報を取得してください。 CSVで更新(大量) 楽天の場合、変更したい項目によって方法が異なります。 商品名の変更を反映したい 更新フラグ → 更新/n 送信区分 → 商品情報 ポイント倍率の変更を反映したい 更新フラグ → 更新/n 送信区分 → 商品情報 ※このままでも可能ですが、テンプレート「個別ポイント変倍」を選択することにより、必要最低限の情報のみで更新が可能です...

商品コピー

他のモールへ商品データをコピーする方法です。商品取込後に行なえます。 EC店長 > 商品管理 > 商品管理 > 楽天など モールによっては、ボタンの名称が「他サイトデータコピー」になります。 範囲指定 コピーしたい範囲 ※範囲指定について (https://ec-tencho.liveagent.jp/680634-%E7%AF%84%E5%9B%B2%E6%8C%87%E5%AE%9A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6) 取込設定 変更不要 変換対象 コピーしたい先の店舗 実行 実行すると処理状況が進みます ※EC店長内での複製です。実際のモールにはまだ出品されていません。 ------------------------- コピーした商品を出品する場合は、必ずモール転送を行なってください。 モール転送を行なうまで、実際の商品ページにはなりません。 モール転送 (https://ec-tencho.liveagent.jp/804533-%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83...

範囲指定について

モール転送や一括編集などを行なう際に、どの商品(注文)を対象とするかを指定する項目が範囲指定です。 範囲指定には下記の4つがございます。 選択内容のみ チェックボックスにチェックを入れた商品(注文)が対象です。 ページをまたいでチェックを入れることができないため、最大200件です。 現在ページのみ 画面に表示されている商品(注文)が対象です。 最大件数は200件(表示件数の最大数)です。 この範囲指定の場合、チェックは不要です。 検索条件全体 検索を行ないヒットした商品(注文)が対象です。 この範囲指定の場合、チェックは不要です。 全体 登録されている全ての商品(注文)が対象です。 この範囲指定の場合、チェックは不要です。

ページ設定

ページ設定とは、事前に条件を設定しておくことで、商品のコピーの際や一括項目反映の際に条件が適用されます。 これにより、新たな商品をコピーするごとに毎回編集を加える手間を省くことができます。 反映先のモールのタブで設定を行なってください。 ※例えば楽天からAmazonへのコピーの場合は、Amazonのタブにて行ないます。 EC店長 > 商品管理 > 商品管理 > 各モールのタブ ------------------------- 文言を削除する場合 編集タイプ → 文字列削除 編集対象 → 商品名、商品説明文など 編集値設定 → (削除したい文言) > 実行 > 保存 文言を置換える場合 編集タイプ → 置換 編集対象 → 商品名、商品説明文など 編集値設定 → (置換えたい文言) > 実行 > 保存 税別価格から税込価格にする場合 編集タイプ → 消費税 編集対象 → 販売価格 編集値設定 → 込み - (編集対象*1.08) > 四捨五入 切捨て 切上げ いずれかを選択 > 実行...

一括商品編集

商品管理 > 商品管理 > 編集したいモールのタブ 例 楽天 楽天一括商品編集 ①追加ボタンを押します。 ②編集タイプを選びます。 選択タイプ項目 チェックを入れるタイプの項目(例:倉庫指定) 置換 文言を指定して入れ替える 改行を入れて置換を行うことができます 空白削除 スペースを削除 改行削除 改行を削除 全角削除 英数字を半角から全角へ変換 半角削除 英数字を半角から全角へ変換 HTMLタグ削除 <>で囲まれてる部分を削除 文字列追加(前) 先頭に文言を追加します(例:商品名先頭に【送料無料】) 文字列追加(後) 後方に文言を追加します(例:商品名後方に【ショップ名】) 文字列削除 指定した文言を削除(設定は置換の説明を御覧下さい) 四則演算 数字の足し引き(例:価格100円引き) 割引 数字の割引(例:価格20%引き) 消費税 消費税変更(例:税込→税別) 固定値 既に項目に入っている文言を上書きする 文字列切...

一括項目反映

一括項目反映とは ひとつのモールで変更した情報を、他のモールへ一括で反映させることができる機能です。 反映先の項目の確認、変更は商品複製時紐付 (https://ec-tencho.liveagent.jp/837706-%E5%95%86%E5%93%81%E8%A4%87%E8%A3%BD%E6%99%82%E7%B4%90%E4%BB%98)をご覧ください。 使用例 Before 楽天の商品名のみに送料無料という文言を入力しました。 これを一括項目反映を使用すると… ↓ After Yahoo!ショッピング、Amazonも一括で商品名を変更できます。 使用例2 Before 楽天の商品価格を値下げしました。 これを一括項目反映を使用すると… ↓ After Yahoo!ショッピング、Amazonも一括で値下げできます。 商品名と価格を同時に反映することも可能です。 一括項目反映 EC店長 > 商品管理 > 商品管理 > 楽天など > 範囲指定 反映したい範囲を選択 反映項目...